不同視(ガチャ目)を放置するとどうなる?

考察

今年の10月1日は中秋の名月!ってみんな月や月見団子ばかりに意識がいきがちだけど、実は『メガネの日』でもあったことをご存知だろうか。

今やメガネをかけなくてすむほど目がいい大人の方が少ないのではないかというほど、多数の人が所有しているメガネ。

かけるだけで視界がパッと鮮明になるしお洒落アイテムとしても重要な位置を占めているし、現代人にとってメガネは欠かすことのできない存在だけど、中世の西欧諸国では「老眼は神が人間に与えた試練だから耐えるべき」という考えが普及していて、それを妨げるメガネは『悪魔の器具』として忌み嫌われていたらしい。

神様も無茶をおっしゃる・・・汗

私は文明の利器使いたい放題の現代に生まれてよかった!

スポンサーリンク

視力が落ちていることに気がついた瞬間(不同視)

私は左右の視力の差が激しく、右目が1.5で左目が0.3という不同視(俗にいうガチャ目)なのだがそのことに気がついたのは中学3年生の時。

小学校時代は両目2.0という驚異的な視力を持っていたためもちろんメガネとは全く縁のない生活を送っていて、密かにクラスのメガネっ子を羨望の眼差しで眺めていた。

だってなんだかメガネをかけていると頭が良さそうに見えるじゃない。
それに私の視力を聞いた友人たちに
「アマゾンの原住民並みだね(笑)遠くの獲物もよく狩れそう」
なんてからからかわれるよりか、よく見えなくて眉間にしわを寄せる色っぽい仕草がしたかったお年頃だったのだので

いいなー
私も目、悪くなりたいなー


なんて思っていた。

そしてそんな私にも運命の日はやってきた。

学校帰りに友人とおしゃべりをしながら帰宅途中、右目に小さなゴミが入りそれを取り出そうと手で擦った瞬間。
視界が一気にぼやけた。

”あれ?左目にもなんか入ったのか?”

右目を擦っていた手を止めて、左目にうつすと視界は元のクリアな状態に戻った。

”んんん?なんだこれ??左目だけだと全然見えないぞ???”

左右交互に手で目を覆うと、面白いくらいに視界に映る景色が変わってテンションが一気に爆上がりしたのを覚えている。

「やった!!やっと私も人並みに目が悪くなれたぞー!」

状況を理解できずに友人は「は?」みたいな顔をしていたが、これが自分の左目の視力が落ちていることに初めて気がついた瞬間だった。

念願のメガネ

こうして念願のメガネをGETしたわけだが、思い描いていた憧れのメガネっこ生活は思いの外すぐに手放してしまった。

まず、鼻の上に異物があることが気持ち悪くてしょうがなく我慢ができなかった。
視界にメガネのフレームが入りこむのも気になってしまったし、耳の裏にメガネのツルが当たって痛くなるのも嫌だった。

それに確かに左目の視力は悪くなっていたが右目は問題なく見えていたので、メガネをかけてもかけなくても視界の明瞭さに変化はなかったのだ。

なんで普通に見えるのにわざわざ気持ちが悪い眼鏡かけてるんだろう?

あれだけ欲しい欲しいと思っていたはずのメガネは、1ヶ月も使用することなく引き出しの中でホコリをかぶるようになってしまった。

不同視になった原因

姿勢が悪いから、寝転んで本を読むから、ものを書くときに片方の目だけ近づけすぎるから・・・

不同視になる原因として上記のようなことがよく言われるが、私の場合は母も兄も私以上に左右左が激しい不同視なので間違いなく『遺伝』だ。

また、不同視を放置すると眼精疲労、頭痛、肩こりなどの症状が起き、悪い方の目は普段ものを見る時に使用しないためどんどん視力が落ちていく、などと言われるがこれも私には当てはまらない。

中学校3年生の時に不同視に気がついてメガネをすぐに購入はしたものの、その気持ちの悪さに私は馴染むことができず結局何もせずに今まで放置しているが、今でも視力は右1.5左0.3のままで眼精疲労や頭痛に悩まされることはない。

肩こりに至っては美容院などでマッサージされると
「フニャッフニャですね!」
と驚かれるほど肩に力は入っていない。
むしろ肩のマッサージはくすぐったいだけなので苦手。

ネット上では ”絶対放置せずにすぐに眼科で相談を!” みたいな文句が並んでいるけれど、これは本当に人それぞれなのではないだろうか。

私は放置して早30年ほど経つが特に何も不便は感じないし、母も兄もメガネを所有はしているものの私と同様滅多にかけることはしていないけどさらに視力が下がったり、極端に体調を崩したりなどということは起きていない。

昔とは正反対でアンチメガネ派になってしまった私。
大人になった今ではメガネをかけることによってお化粧が崩れてしまうので、尚更メガネはかけなくなってしまった。

おそらく今後老眼には悩まされるようになってくるんだろうから何かしらの手段は取らなくてはいけないだろうけど、いざとなったら面倒臭くてもコンタクトに頼ろうかな。
なるべくその日がくるのを遅らせるべくサプリ を摂って目のケアは怠らないようにしないと。

考察
スポンサーリンク
シェアする
東京日記40+