次から次へと形を変える詐欺に騙されないために【実体験】

考察
スポンサーリンク

新型コロナを利用した詐欺

「携帯電話が新型コロナウィルスに感染している、予防のために現金を支払ってください」
と、お金を騙し取ろうとしたとして二人逮捕されたらしい。

このニュースを耳にした時思わず吹き出してしまった。

私もPCが携帯がウィルス感染してしまったことはあるけど、ウィルス違いにもほどがある。

口が悪くて申し訳ないけど、この犯人は脳味噌というものを持ち合わせているのだろうか?

君たちはなんだい?
咳が止まらなくなってしまった携帯をお金払ったら治してくれるとでもいうのかい?

本気で人を騙すつもりならもうちょっとマシな文言考えたらどうなんでしょう。

実際に私が経験した詐欺の面白い内容

そもそも詐欺を働こうなんていう考えを持つ人に真っ当な言い分を求める方が間違っているのだろうけど、過去に私にも面白い言葉で近づいてきた人たちがいるので、参考までにいくつかご紹介したいと思う。

あれは確か西武池袋線の中村橋の駅でのこと。
まだ社会人に成り立てでピチピチしていたであろう私は、周囲から見ると浮き足立っていていかにも騙されてしまいそうな女の子に見えたのかもしれない。

ある天気の良い日、電車を降りて改札に向かって歩いているとボーッと道ゆく人を眺めている少し浅黒い肌の色をした外国人の男性が道の端に立っているのが見えた。

”誰かと待ち合わせでもしているのかな?”と、気にすることもなくその人の前を通り過ぎようとしたその時、それまでボーッとしていたその人は急に私の腕を掴んできて

「スミマセーン、カメラのオミセ、ドコデスカー?」

と拙い日本語で話しかけてきたのだ。

いやいやいやいや・・・・
今まで全く何かを探しているような素振り見せてなかったじゃん。
怪しさ満点すぎるでしょ。

うらわかきピュアな日本人女性ならいきなり濃いい外国人に腕掴まれて話しかけられたら動揺して正常な判断ができなくなるのかもしれないけれど、あいにく私に初めて告白してきたのはあなたと同じような顔立ちをしたクラスメートのイブラヒム君。
扱い慣れてるんだよね。

すぐに ”なんの詐欺だよ” ってわかりましたよ。

でも面白いから立ち止まって話を聞いてあげたら、どんどん変な方向にいっちゃって。

「ワタシのパパ、アラブのオウサマ!
ワカル?KINGダヨ!
ダカラ、イッショニ、イコー!Together OK?」

あー、OKOK、アラブの王様知ってるよー
石油掘ってる系の大金持ちでしょー?
すごいねー、じゃああなたはPRINCEだねー

なんて軽くあしらいながら駅の方へいっしょに会話を楽しみながら歩いて戻り
「すみません、この人迷子だそうなので助けてあげてもらってもいいですか?」
っておもむろに駅員さんにこの迷子プリンスを引き渡しておいたが。

その後彼は無事にカメラ屋さんにたどり着くことはできたのだろうか。
もしあのままついて行ったら高級カメラとか王妃の座をエサに買わされたりしていたのかな。

もう一つ詐欺話。

よくある詐欺メールの中でも、私の記憶に鮮明に残っているのは『オランウータン』からのもの。

”初めまして、突然のメールで失礼いたします。
これを読んでいるあなたには信じがたいことかもしれませんが、私は実はオランウータンです。

とある研究施設で実験動物として飼われていたのですが、高度な教育と薬物の投与により人間並みの知能を持つようになったのです。

一度知能をつけてしまうとオリに閉じ込められているこの状況が辛くなってしまい、逃げ出したいので助けてもらえないでしょうか。

早く自由に駆け回っていた故郷の森に帰りたい。
あなたしか本当のことを打ち明けることができないのです。

お願いです助けてください。

私がオランウータンだと信じられなかったらこちらが証拠です。→→→→クリックしてね ”



これはね、一瞬クリックしたくなった。
こんなメールを考えるのはどんな茶目っ気のある詐欺集団なんだと。

もちろんクリックはしなかったけども、代わりにスクショをとって
”見て!オランウータンからメールもらっちゃった!”
としばらくの間飲み会で話に詰まった時にネタとして利用させてもらった。

形を変えてくる詐欺に騙されないために

以前FaceBook経由でアカウントを乗っ取られたという話も書いたが、詐欺集団というのは次から次へと新しい手法を考えてくる。

私も ”詐欺とかウィルスメールになんか絶対引っかからない” と思っていたけど、気がつけばあっさりと知人を装ったメールに騙されてクリックしてしまっていた。

まんまと自分のスマホをウィルスに感染させてしまった私がいうのも気が引けるが、”私は絶対に騙されない自信がある” と過信したりしてはいけない。

騙されること前提でPCや携帯は事前にアンチウィルスソフトを入れておいたり、お金を知らない人に払うときは必ず家族や知人に相談してからにする、などと対策は怠らないようにしておきたいものだ。

考察
スポンサーリンク
シェアする
東京日記40+