呪いたいほど憎い相手のこらしめ方

行動
スポンサーリンク

呪いって本当に存在するの?

あいつだけは絶対に許さない!!!
呪ってやる!!!


・・・て思ったこと、誰でもあるのでは?
もちろん私もある、特に子供の頃はしょっちゅう思っていた。

さすがに大人になってからは ”呪い” に効果があるなんて微塵も信じていないのだが、ふとした興味から少しネットで検索してみたら出てくる出てくる、呪いに関する記事。

『おすすめ 呪いのかけ方10選』
『誰でもお手軽にかけることができる呪い、教えちゃいます』
『簡単!今すぐできる呪いのかけ方』

・・・気がつかないうちに呪いって随分ポップなものになっているようだ。

内容も
『できれば半紙と硯ですった墨を使うのが好ましいが、なければペンとメモ用紙でOK』
とか
『自分の血を針につけるのが嫌だったらスーパーで買った鮮魚の血で代用OK』
って、思わず ”そんな手抜きでいいんかーい!” と突っ込みたくなるようなものばかり。

極め付けが『呪いのアプリ』。
呪いたい人の名前を入力するだけでいいらしいから確かにお手軽だけど、ここまでくるとなんか本来の意味見失っていやしないだろうか???

呪いってもっとおどろおどろしくて、誰にも知られてはならない秘密の儀式みたいな感じのものだと思っていたが、時代の移り変わりとともにだいぶ形を変えたようだ。

現代の本当に効果がある呪い方

私が思いつく最も一般的な呪い方といえば、なんと言っても『丑の刻参り』。

丑の刻参り
丑の刻(午前1時から午前3時ごろ)に神社の御神木に憎い相手に見立てた藁人形を釘で打ち込むという、日本に古来伝わる呪術の一種。典型では、嫉妬心にさいなむ女性が、白衣に扮し、灯したロウソクを突き立てた鉄輪を頭にかぶった姿でおこなうものである。連夜この詣でをおこない、七日目で満願となって呪う相手が死ぬが、行為を他人に見られると効力が失せると信じられた。

wikipediaより

今これをやろうと思っても白装束なんて手に入りづらいし、ましてや鉄の輪っかに火がついた蝋燭をつけて頭にかぶったりしたら目立ちすぎでしょう。
防犯カメラがそこら辺中に設置してある現代において、誰の目にも触れずに藁人形を7日間連続で木に釘で打ち込むなんて不可能に近いだろうし。
許可を得ずに勝手に他人の木に釘を打ちこんだりしたら法律違反で訴えられちゃいそうだし、人を呪う前に自分がとんだ痛い目にあっちゃったら本末転倒。

なんだか伝統が途絶えたような気がして残念な気もするが、丑の刻参りが一般的ではなくなったのも納得できる。



もう一つ呪いと言ってパッと私の頭に浮かぶのは『呪いのビデオ』。
有名な映画が元だったと思うんだけど「これを見たら(聞いたら)呪われるんだって」とか言って、ビデオやらカセットテープがクラスで出回ったっけ。

「曲の始まりをよーっく聞いてみるとね。
微かに女の人の悲鳴が聞こえるんだって。
これってとある殺人の時の音声が紛れ込んでるらしくて聞こえた人は1週間以内に死ぬらしいよ!」

「きゃー!やめてよー!怖ーい!」

なんて言って騒ぐのは楽しかったんだけど。
言うまでもなくすでにビデオデッキとかカセットプレーヤーを持っている人なんてほとんどいないだろうから、もはや現代においてはこの手も使い物にはならないでしょう。

じゃあ、現代社会で本当に心の底から誰かを憎んで復讐したいと思っている人はどうしているのかというと、私が思うに藁人形にとって変わっているのは超小型隠しカメラだったり、超小型ボイスレコーダなのではないだろうか。
こんなにちっちゃいカメラもレコーダーも、相手に気がつかれる訳が無いもの。
持ち歩くのにも全くかさばらないし、これらを使えば不当な嫌がらせの証拠を抑えることなんて簡単!

呪いなんて運を天に任せるようなことをしないでも、こちらに証拠さえあれば正攻法で相手に仕返しをすることは現代なら可能だ。
動画や音声で嫌がらせをされているところをバッチリ撮って、警察なりその人の上司なり、その人をこらしめることができる人のところへ持って行ってしまいましょう。

実は私も最近初対面の人にとんでもない暴言を吐かれましてね。
相手はイカれちゃっているのが一目瞭然だったので、反論したり嗜めるようなことをしても意味がないどころか暴れ出したりされても面倒だと判断し、私はスマホで彼の発言を録音した。

で、後日然るべきところに録音データーを提出して対応していただき、その人はしっかり罰を受けたのでめっちゃ気分よかった!
呪いなんてかけなくても自分は安全な場所にいながら反撃もきちんとできるんだから、いい時代になったものだとつくづく思った瞬間だった。

誰かに ”呪ってやる!” と思わせる人なんて絶対にろくな生活を送っていないので、人に知られたらまずいことの一つや二つ、必ず隠し持っているはず。
そこを掴んでしまえば呪いになんて頼らなくても、相手をこらしめることは簡単にできますよ!

自分で証拠を抑えることが難しいようであれば、専門家に助けてもらういましょう!



行動
スポンサーリンク
シェアする
東京日記40+