【エーアイ】AI【愛】

考察

AI市場が熱いとか、AIにそのうち地球は乗っ取られるとか、みんな揃ってAIAI言ってるけど機械音痴の私にはなんのことだかさっぱり理解できませんよ。
私の知っているAIといえば、小学校の同級生だった愛ちゃんくらいですよ。
世間がこれほどAIAI騒ぎ出すようになってからは愛ちゃんに会っていなけど、元気で過ごしているかしら。
きっと今頃、人工知能にAIなんて名前つけた人のこと憎んでいるんじゃないかしら。

愛ちゃんの苗字が例えば日本で一番か二番目くらいに多い鈴木さんだったとしましょう。
漢字で書いているうちはいいよ?
でも一度ローマ字記入してみたら、あら大変。
『SUZUKI AI』ってあっという間にある種のテクノロジーを持ち合わせた企業名みたいになっちゃうじゃない。
でもってきっとSUZUKI AIの社員は誇らしげに”イノベーションがー”とか”フォーザフューチャーがー”とか言葉の端々に入れちゃうのよ。

”先日行われたグローバルイノベーションのアジェンダがAIで、プレゼンテーションがフォーザフューチャーするからダイバーシティでゲッチュ”

みたいな、呪文に近い会話を社員が一日中唱えている違いない。

そして社歌は間違いなく日本が誇るソングライターのAIによる作詞作曲で、缶コーヒーのコマーシャルあたりに起用されていても気づかないよね。

♪人の波に押し流されーずにpepper pepper立ち向かおーう
つーかれた時には恐れずコンセントぬーいーてー♪
みたいな。

この会社の受付には二人女性がいて一人は自社製品であるAI(足の裏にSUZUKIの刻印入り)、もう一人は容姿端麗で英語も流暢し話す鈴木愛さん(25)。

「すごいなー、御社の技術は。どっちがAIか区別がつかないよ。うちにも欲しいからこれ持って帰ってもいい?」
「あらお上手、本物のAIはこっちですよ。」

なんていう会話を訪れるおじさん客相手に、毎日繰り広げるのだ。

ネット上にもAIちゃんが読んだらきっとカチンときてしまうであろう文言が並ぶ。
「AIに仕事を奪われる」
「AIが文明を乗っ取る」
「AIの人類反乱は不可避」
「AI崩壊」

全国のAIちゃんは虫も殺せないような心優しい人ばかりだし、ましてや崩壊なんて言葉を使うのは大切に育ててきたご両親にも失礼な話ですよ。

”AIにセンター試験を受けさせたら偏差値64を記録した”とかニュースになっていたことがあったけど、こっちのAIちゃんなんて”豊臣秀吉”のことを教室中に響き渡る大きな声で「豊臣ヒデキチ!」って読んだからね。
英語の教科書に出てくる外国人の女の子の”SUSIE”なんて「すしえ!」って一瞬で日本のおばあちゃんに変えちゃうんだから。
「あれはNancyですか?」「いえ、すしえです」
とか質問者の鼻っ柱をへし折り、自分の視力に自信をなくなさせる技術だって隠し持っているのだから、タイマンはったら絶対こっちのAIちゃんの方が強いと思うの。

結局何が言いたいかっていうと、そっちのAIもすごいかもしれないけど、こっちのAIだってまだまだ負けねーぞって話。
あんまり調子に乗ってると電源OFFにしちゃうからね?



考察
スポンサーリンク
シェアする
東京日記40+