『純米にごり酒 肥前屋どぶ』を飲んで

お酒

どぶろくとは米と米麹と水を発酵させて日本酒を作る際、漉(こ)す過程を経ていないお酒のこと。
にごり酒とかなり近いものなのかな?よくわからないけど。

少し前から甘酒が必須アミノ酸9種を全て含んでいるとか、腸内環境を整える効果があるとかで『飲む点滴』/『飲む美容液』と呼ばれて人気を博しているが、どぶろくはそこにアルコールが入っただけなんだからきっと同じような効果があるに違いない。
何事も自分に都合のいいように物事を解釈できるという特技を持ち合わせた私は、ちょっとアルコールを控えようかななんて思いつつも甘酒と親戚のどぶろくはセーフ、と昨晩『肥前屋 どぶ』を開封した。
>>肥前屋 どぶ

冷やしてOK、常温でもばっちこい、温めても美味しいけど氷を入れてロックでもイケるなんて、すっごいオールマイティの発揮っぷり。
どぶなんて名前つけて申し訳ないので、個人的にはそろそろ小川か清流くらいにレベルアップしても良い頃だと思ったり思わなかったり。

見た目は飲むヨーグルトっぽいというか、ちょっと薄めた牛乳っぽいというか。
とにかく体に良い”なんちゃらニン”とか”なんちゃらーゼ”がいっぱい詰まっていそうな感じがする。
一口飲んだ感想は、とにかく口当たりがよくてほのかな酸味と深い味わいがして美味しいの一言。
年越しの神社とか雛祭りの時に飲む甘酒を彷彿させるが、それよりもずっと本格的なコクがあり、つぶつぶした食感も多少あるので胃が満たされる感じもする。

アレンジも大変しやすくサイダーで割ったら予想以上にどぶろくと相性がよかったし、やる前に飲み干してしまったのでできなかったけど、次回はシャーベット状に凍らせてフルートと一緒に食べてみようと思う。
甘いお酒はあまり好まないボクちゃんもお気に召したようで無言で飲み進めていたし、お肌を気にする男性も増えているようなので男性にもぜひ試してみていただきたい。
これだけ美味しくて、アルコール度数も15度としっかりあるので心地良い気分にもなれるし、おまけに美肌効果やその他の効能もあるっていうんだから、最高の飲み物なんじゃないだろうか。

昔は神聖なものとして豊作祈願をはじめとした神事に使われ、現在はその高い栄養価でお酒でありながら、美容や健康効果が期待できると考えられているどぶろく。筋肉を作るのに役立つ成分も豊富に含んでいるので基礎代謝が上がり、体脂肪を燃焼させて体重を減らす効果も期待できるとか。
今後自分の体重で実験してみようと思う。

>>肥前屋 どぶ 公式販売サイト





お酒
スポンサーリンク
シェアする
東京日記40+