ゴルゴラインを消してやる!【目の下のたるみ】

行動
スポンサーリンク

きっかけ

コンビニのレジで精算をする際、店員さんが最後に怪しい『29』とか『49』とか数字が書かれているボタンを押していたことに、あなたは気付いていただろうか?
今はもうその制度はなくなったようだけど、あの数字って実は、店員さんからみたお客さんの年齢層である。

例えばハタチそこそこの女性かな、と店員さんが判断すればピンク色の『29』(20〜29歳の間ということ)のボタンを押され、35歳くらいの年齢の男性かなと判断されればブルーの『49』(30〜49歳の間ということ)を押される。
それを知っていた私は精算する時にどのボタンを店員さんが押すのか、すごく楽しみにしていたものだ。
「温めますか?」
の問いかけに、
「お願いしまっす♪」
なんて無駄に高い声出して若作りしてみたりして。

それまでは年相応のボタンを押してもらえていたんだけど、初めて『49』のピンクのボタンを押された時からかな、自分の老化について真剣に気にするようになり出したのは。

※それより以前に50歳以上ということを意味する『50』の、しかもブルーのボタンを押されたこともあったけど、その時はまあ、心の中で店員さんに強く眼科の受診をお勧めしたよね。

ゴルゴラインが気になり出した

自分の老化現象の中で一番気になっているのは、目の下のたるみ。
このたるみのせいで40歳を越えたあたりから、目と鼻の中間くらいにうっすら線が入ってしまうようになったのだが、俗にこの線は入った途端に漫画ゴルゴ13の主人公デューク東郷に似てしまうため『ゴルゴライン(線)』と呼ばれているらしい。

これができてしまう原因の一つに顔の色んな筋肉の衰えがあるらしいが、調べると対処法として美容クリームがいいとかエステでマッサージをするといいとか、たくさんの情報が溢れかえっている。

でも正直言って今現在すでにたくさんのビタミンやコラーゲンなどのサプリは摂っているし、エステだってそんなにしょっちゅう時間的にも金銭的にも通えない。
なのでとりあえず自分でマッサージしておけば、ちょっとは進行遅めることができるかしらとせっせと目の下を擦り続けていたら、昨晩皮膚が擦り切れてしまったらしく一晩中ヒリヒリしてしまった。

そこで私が考えた手段が小型マッサージ機で擦らず自分でマッサージする方法
>>小型マッサージ器

マッサージ機と私の思い出

まだ私が子供の頃の話だし決して真似はして欲しくないんだけど、当時の我が家には強力なマッサージ機があり、肩こりが酷かった私はそれを大変重宝していた。

世間がちょっとしたヘッドスパブームを巻き起こしていたある日、いつものように出力最大にして、肩にブインブイン激しく振動するマッサージ機の先端を押し付けていた私は閃いた。

もしかしたらこれで頭マッサージしても気持ちいいんじゃない?

そして迷うことなく頭頂部に振動するマッサージ機を押し付けてみたのだが、するとどうだろう。
視界が波打つ・・・!
全ての物体が歪む・・・!

経験したことのない世界が目の前に広がったのだ。
イメージとしてはこんな感じ↓

しばらくキョロキョロ周りを見廻し、全てが歪むその不思議な世界を堪能した後、頭にマッサージ機を押し付けるといういささか間抜けなポーズをとりながら私はこう思った。

きっと違法薬物に溺れると、こういう世界が見えるんだろうな・・・
そうだ、髪の毛がクッションになってしまっている分、毛のない顔面にマッサージ機を当てたらもっと強い刺激を得ることができるのではないだろうか。

そしてゆっくりと下へ移動し、目の下あたりで止まる私の手。

さあ、私を魅惑の幻覚の世界へ連れて行っておくれ・・・!

ちょうどゴルゴラインのあたりにマッサージ機を強く押し付けてみると、さらに激しく歪む世界。
期待通り目の前がグワングワン揺れ、マッサージ機一つでこんなぶっ飛んだ世界が体験できるのかと笑いすらこみ上げてきたが、それと同時に頭頂部の時とは違った感触、鼻への刺激も感じ始めた。

細かい振動が元々アレルギー性鼻炎のせいで敏感だった私の鼻に伝わり、最初は水のような鼻水が流れ落ちることから始まった。
そしてその刺激は次第に勢いを増し、ついには私の鼻のあらゆる制御機能を破壊したらしく、くしゃみが止まらなくなってしまった。

もうね、カオス。
自分でも何が何だかわからなくなってしまったが、横で私の様子をずっとみていた兄は大爆笑。
床に転がってお腹抱えて笑っていた。
そりゃそうでしょうね、妹が鼻水垂らしながら顔面にマッサージ機を当てて、クシャミしながらアハハアハハって笑ってんだから。

彼は未だにマッサージ機をみると狂った妹の姿を思い出すらしいので、世の中の真面目にマッサージ機を作っている方々に申し訳ない気持ちでいっぱいになったりならなかったり。

過去の反省を生かして

数十年経った今、私はまたマッサージ機を購入して顔面に押し付けようとしている。
ただもちろん、以前の反省も込めて、もっとパワーが弱いであろう小型のマッサージ機に留めておいた。
まだ手元に届いていないので、このマッサージ機を使った顔面マッサージがゴルゴラインを薄めてくれるかわからないけども、もし効果があればまた報告したいと思う。

私の予想ではエステのマッサージも 小型マッサージ器 を使って自分でマッサージも大差ないはずと期待しているんだけどね。

行動
スポンサーリンク
シェアする
東京日記40+