高級車に乗るいい男

考察

“高級車” という単語の定義が正確には何なのか、車に疎い私にはわからないが、いわゆる普通のサラリーマンが普通の企業で働いた場合手が届かないよね、という値段の車をここでは高級車と呼ぶこととさせてもらう。

なぜ高級車に乗るの?

昨今若者の車離れが進んでいるとよく耳にするが、その理由っていうのが
・渋滞にはまるのがイヤ
・駐車場代とか車検費とかお金がかかるのがイヤ
・お酒が飲めないのはイヤ
と、イヤイヤのオンパレード。
確かに都市部は公共交通機関が発達しているし、必要な時はレンタカーを借りればいいだけの話なんだろう。
でもこの話を聞いて “最近の男はつまらんな” と思うのは私だけだろうか?

例えばの話。
私の彼はポルシェに乗っている。
特別に車に興味とかこだわりがあるわけではないし、港区に住んでほとんど移動は近くの職場だけという彼にとって、カーレースを彷彿させるポルシェなんて無用の長物に思える。
ではなぜ彼はあえて高いお金を出してポルシェを買ったのか。

それは彼が運転する車の助手席に乗ればすぐに理解できた。
周囲から注がれる視線が物凄いのだ。

“うわーすげー車”
“高そう・・・”
“どんな仕事やっていたらこんな車買えるんだよ”

実際に口に出して言わなくても、その羨望の眼差しを見ればそう思っているのは一目瞭然だ。

彼が欲しかったのは、まさにこの視線
洋服や腕時計のように、乗ることで自分のライフスタイルを表現することができる車。
彼は高級車に乗ることで普段の自分の頑張りをアピールし、子供の頃のように誰かに
「えらいね、頑張ったね」
って褒めてもらいたいのだ。
決してポルシェ特有のエンジンだとかハンドリングが欲しかったのではなく、今までの苦労が報われるような優越感や満足感を与えてくれるから、この高級車を選んだということだ。

私は彼の子供の頃からの勤勉さや普段の努力を知っているから、こんな彼を誇りに思う。
彼はポルシェに乗って、道ゆくおじさま方の熱い視線を浴びて然るべき。
満足そうにハンドルを握る彼をみていると、こちらまで幸せな気分にさせてくれる。

>>ハイスペ男子に選ばれたい女子のための本

高級車を手にした人は、そこにたどり着くまでにとてつもない努力を積み重ねてきているのだ。
(たいていの場合。「ダメ男編」にて例外パターンは記述する)

高級車に乗る彼と軽自動車の彼、どっちを選ぶ?

多少の運もあるのかもしれないけど、努力や工夫次第で現代の日本ではいくらでも成功を手にすることができる。
軽に乗っている人は向上心のない人、現状に満足している人、努力や工夫のできない人という判断を私ならするだろう。
軽と高級車、両方持っていてあえて軽に乗るという変わり者も中に入るかもしれないが、そういう人とは話が合わなさそうなのでパス。
お付き合いをするなら自分が尊敬することができる人がいい。

デートに出かける自分を想像した時、軽の自動車に乗った彼と高級車に乗った彼、あなたはどちらに迎えに来て欲しい?

NHKテレビを始め民放各局、日経新聞ほか全国の地方紙、海外メディアでも紹介されるオンライン婚活サービス。
・参加費は、男女同額で1,500円(税別)中心の設定!
・カップリングしてすぐ話せる&カップリング保証付き!
・出会いだけじゃない、成婚サポート!
LMO Partyでは、婚活に必要なスキルをオンライン動画で学んだり、LMOからアドバイスを受けられます。パーティーでの第一印象アップや会話術などもアドバイスしてくれるので、初心者でも安心して参加できます。
ハイスペックな男性に巡り逢えるかもしれませんね♪

考察
スポンサーリンク
シェアする
東京日記40+