【言霊】tiktokの"育成"に見る褒め言葉の効果

考察

人は口から出る言葉そのままの人間になる
人は浴びせらる続けた言葉そのままの人間になる

 

まず初めにtiktokとはなんぞや。

TikTok(ティックトック) は、中華人民共和国のByteDance社が開発運営しているモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。

アプリでは音楽クリップの視聴のみならず、短い動画クリップの撮影および編集、さらに動画クリップへの特殊効果の追加が可能となっている。

BGMをリストから選択し、撮影した動画にBGMを組み合わせて編集することで、オリジナルの動画が作成できる(撮影時間は最大60秒)。

作成した動画はTikTok上に公開することができ、また動画を端末内に保存することも可能である(簡単な動画編集アプリとしても使える仕様になっている)。

wikipediaより 

少し前から十代二十代の若者の間で流行っているもので、簡単に言うと最大60秒の間好きなことを動画で撮影してアップし、それを見た人が自由に感想を言い合う、というアプリ。

 

最近の若者はどういうことに興味があるのか知りたくて先日ダウンロードしてみたのだが、本当にいろんな意味で面白かった。

普通に生活していたら絶対に知り合うことがないような職業や年代の方が、時には真面目に語ったり、また時には歌ったり踊ったりして自己主張をしている。

中には “ぎょっ😵” となってしまうようなきわどいものもあったりして刺激的だ。

 

興味がある方は無料アプリなのでダウンロードしてみてはいかがだろうか。

知らない人のプライベートな面を覗き見してしまっているような奇妙な罪悪感を感じなくもないのだが、そこがまた世間をやみつきにさせている要因なのかも。

 

動画の横にあるコメント欄もウィットの効いたコメントがズラッと並んでいて、読んでいてコミュニケーション力アップの参考になるものが多かったのだが、ちょくちょく出てきて気になったのが “育成” という単語。

文面からするとどうも一般的に使われている単なる “育てる” という意味では使われていないようで、この単語がやたらとコメント欄に並んでいる人は共通して “自分が大好き” な人たちのように見えた。

(私はこういう人、頑張っているなと思えるので好きなんだけどね。)

 

例えば、お世辞にも見目麗しいとは言えない少年Xが一生懸命お洒落を頑張って髪も整えて、みんなに肯定的なコメントをもらおうと必死に踊ったりしてアピールしている動画があったとしよう。

 

するとそのコメント欄には

「X君、かっこいい!」

「X君のファッション真似したい!」

「X君と友達になりたい!」

などと言ったX君を褒めるコメントが続く。

しかし

「・・・え?どこが?」

みたいなそれまでの流れをぶった切るようなことを言う人が出るとすかさず

「やめろよ!今 “育成中” なんだぞ!」

と他の人がコメントする。

 

どうやら、イケテいないのに勘違いをしている人をお世辞で褒めて褒めて褒めちぎって、その人の自己顕示欲をさらに煽り立てては裏でその様子を見て笑う、という行為を “育成” と言っているようだ。

これは現実の世界ではイヤミとか、一種のイジメと言われる行為なのだろう。

 

しかしここで興味深いことが起きている事に気がつくのだが、現実の世界と違ってネットの世界では書き込まれたコメントの文字が全て。

相手がどんな表情をしながら言っているのかとか声のトーンとかは全く伝わらない。

当然上履きを隠されるとか実際の被害は起きようもない。

よって、取りようによっては心の底から出た褒め言葉と捉えることもできるのだ。

 

その証拠に褒め言葉のシャワーを浴びせられ、その言葉を素直にそのままの意味で受け止め続ける投稿者は、みんなどんどん自信がついてきて表情も明るくなり、本当にカッコよく(可愛らしく)垢抜けて成長していくのがみて取れるのだ。

 

他人にかけてもらう褒め言葉の力ってすごい。

ただの言葉なのに、人間そのものを変えてしまう力を持っている。

「すごい、綺麗、かっこいい、尊敬する、真似したい、えらい」

どれもなんていい響きなんでしょう。

最近周りにいる面子に変化もないので忘れていたが、私もあえて耳障りのいい褒め言葉ばかりを口にしてみんなを気持ちよくさせてあげられるよう、心がけなくては。

 

※tiktokの世界では “育成” が終了すると “収穫” 、すなわち調子に乗った投稿者に現実を突きつけるという側から見ると残酷な展開が待っているらしいのだが、おそらく素直に今までの賛辞を受け止めることができていた投稿者なら、耳には届かないでしょうね。

例え収穫されたとしても彼らは自信に満ち溢れた自撮り動画をアップし続け、さらに魅力的に成長を続けるでしょう。

嫌なコメントをしている人の完敗だ。

考察
スポンサーリンク
シェアする
東京日記40+